本文へジャンプ

【古代人の色彩感覚 法隆寺と仏国寺-9】

きのうつい「あをによし」という奈良の都の枕詞に触れましたが、 知人の読者の方から面白い反応もありました。 古代の建築、600年代初頭の法隆寺と750-770年代の韓国仏国寺の比較。 古代といっても150-160年の時代差 […]

【宗教建築の「見上げ」部位 法隆寺と仏国寺-6】

古代国家、600年代と700年代の日韓での仏教公布期の建築比較。 ふつうの住宅などでは天井とか、軒天などの部位は 機能やコスト最優先でそこにデザインを施す、あるいは凝るというのは あんまり考えることが少ないでしょう。 で […]

【新羅国の石工技術・宝塔2基 法隆寺と仏国寺-5】

さて先日は韓国仏国寺での多宝塔と法隆寺の五重塔の対比を観ました。 日本では石仏は一般的にはお地蔵さんなどはあっても、 お寺の重要施設としてはあまり多くはありませんね。 木彫りの像というのが多いのだと思います。 石仏文化と […]

【切妻妻面の「鼻隠し」巨大化? 法隆寺と仏国寺-4】

仏国寺の殿舎群のなかで意匠的に初めて見たようなのが、こちら。 写真では上矢印をマークしましたが、どうも不明であります。 意匠的にかなり明確な意図を感じさせられるものであり、 注意してみたらほかの韓国国内の旧跡建築では霊廟 […]

【東アジアの建築と人間性 韓国河回村追想-19】

今回の河回村追想ではたくさんの撮影写真とともに、 2009年の国立歴史民俗博物館・企画展示冊子資料「日本建築は特異なのか」を 参照しながら日本と東アジア世界の対比をメインに考えてみました。 やはり言うまでもなく、形式を越 […]

【芙蓉台(プヨンデ)の景観 韓国河回村追想-18】

芙蓉台という名前が気に入っております。 日本語で読むのもいいし、プヨンデと韓国式に呼ぶのもいい。 〜河回村をひと目で見渡すことのできる高さ64メートルの絶壁。 芙蓉台という名は中国の故事からで芙蓉はハスの花を意味するとい […]

【バイオマス薪依存での国家危機 韓国河回村追想-17】

上の写真は冬期の河回村の空撮写真(韓国観光庁資料画像)。 周辺の洛東江も結氷している。たぶん最寒期。 白く雪で覆われた河回村全景はまるで浮かぶ空中城郭のように見える。 日本の中世都市価値感、城郭都市としての見方からすると […]

【伝統的「韓屋」の工法復元 韓国河回村追想-16】

ほぼ絶滅に近かった韓国の「木造軸組構法・韓屋」が多く残る河回村が 世界遺産に指定され評価が高まって韓屋の社会復元は同慶の至り。 ただしまだ国中での伝統工法での家づくりは年間で1,000棟程度とのこと。 圧倒的に集合住宅マ […]

【韓国木造工法「韓屋」社会復元状況 韓国河回村追想-15】

河回村ハフェマウルの住宅見学記を書き続けていると 自然と韓国の伝統家屋「韓屋」についての探究も並行してくる。 現代での韓屋の研究論文も発見できました。 「近年の韓国における木造住宅生産に関する研究」 -全羅南道・幸福村プ […]

【江戸期庄屋層と日本資本主義/日本人のいい家㉞-11】

さてきょうまで11回にわたって富山岩瀬湊の旧廻船問屋住宅を探訪。 その建築が倉敷の実業家系・大原氏に受け継がれた状況もみた。 江戸末期〜明治〜昭和の日本資本主義の一断面をみる思いがしました。 連綿として繋がっている状況が […]