本文へジャンプ

【コミュニケーション画像ツールなどの現代的進化】

写真はなにげに「どんな絵や筆文字が書いてあるのか」と ふと疑問に感じていた至近の神社の拝殿天井の格天井画の様子。 わたしはブログを書き続けてきていますが、 日々のことがらを表現するのに、文章と並んで 画像についていろいろ […]

【ライラック&ハシドイ 百花繚乱5月の札幌】

サクラの季節が終わったあと、ちょっとするとライラックが咲き誇る札幌。 ちょうど今週末からは「ライラック祭り」の季節。 ことしはついに3年ぶりのリアル開催という喜ばしい知らせ。 フランス名で「リラ」というこの花は独特の芳香 […]

【紀州の国土地政学〜奈良・和歌山探訪-33】

紀州という北海道在住者からすると現代でもあまり縁の近くない地域。 たまたま家系伝承である起点になっている経緯に導かれて深掘りしてきました。 そのテーマについては非常にか細い手掛かり段階で これからできるだけ事実の痕跡を確 […]

【天守閣デザインの検討図面〜奈良・和歌山探訪-32】

城郭というのは戦国末期から江戸時代に非常に多く建築された。 地形のそれぞれの特徴を把握したり、軍事的な側面からの立地選択など、 いかにも「用」としての基本設計部分については 当時の軍事常識を踏まえた合理的な分析が可能だと […]

【戦国を揺るがす「雑賀衆」〜奈良・和歌山探訪-31】

雑賀衆というのは紀ノ川下流域一帯で中世後期に形成された地縁共同体。 かれらは紀伊水道を経て列島各地と盛んに交易活動を行った。 紀ノ川は奈良県から和歌山県へと流れ紀伊水道に注ぐ一級水系の本流。 古都の奈良から紀伊水道を貫く […]

【三十三間堂「通し矢」虚名の武士道〜奈良・和歌山探訪-30】

和歌山城の創建期から探究していていろいろな「掘り起こし」がある。 歴史というのは実にいろいろな人間模様を教えてくれる。 三十三間堂というのは京都の有名建築で、縁の長さが三十三間あるとされる。 京都市東山区三十三間堂廻町に […]

【和歌山城「高石垣」と「御橋廊下」〜奈良・和歌山探索-29】

さて和歌山城の初期設計施工にあたった藤堂高虎の一連の築城について スピンアウトして探ってみました。 かれの心酔した主君・豊臣秀長にその築城の才を見出され、 その最初の仕事とされるのがこの和歌山築城だった。 この「高石垣」 […]

【城という建築分野 奈良・和歌山探索-25】

あんまり人気の無い戦国武将に藤堂高虎がいる。 関ヶ原をピークとする徳川家康の権力奪取時期にその先兵として なにか腰巾着みたいな印象を持たれている人物。 その功あって江戸期を通じて有力大名として存続したけれど、 幕末に至っ […]

【積雪寒冷地・住宅エネルギーの未来はどうなる?】

さてきのう「積雪寒冷地・クルマの未来はどうなる?」と記事を書いたら いろいろな反響ご意見を戴きました。 たまたま愛車がトラブったのでその経緯に沿って考えて見た次第。 で、本日はその続篇で北国積雪寒冷地での住宅エネルギーの […]

【積雪寒冷地・クルマの未来はどうなる?】

本日からGW明けの通常営業日であります、がんばるぞっと。 連休の間、お世話になっていた愛車でありますが、トラブル発生。 まったくうっかりしていたのですが、オイル点検を怠っていて エンジンスタート時などやや異音を感じていた […]