本文へジャンプ

【輪廻を必死に生きるイキモノたち 動物観察篇3rd】

どうもイキモノのいのちの様子を見ていると どんどんと引き込まれていくような感覚を持ってしまいますね。 きのうも朝、散歩していて帰り際の最後の通過ポイント「発寒川」橋脚で なにげに川原の様子を見ていたら、写真のようなサクラ […]

【秋色ジワリ わが家周辺河川「サケ遡上」】

朝の気温は札幌では10度ちょっと程度まで低くなってきました。 一昨日は11度でわたしはジャンパーを着込んで散歩。 でも人によっては午前6時頃、Tシャツ一枚の人もいる。 様子を見ていると特段寒いと感じている風でもない。 日 […]

【「列島縦断」台風と日本人の意識】

さて個人としての住宅取材データの復元が見通せない日々、4日目。 データレスキュー専門店も連休中のなか、じっとガマンであります。 しかし諦めることなく、時間を見てはムダな抵抗を試みております。 そうするとパソコン本体側の方 […]

【北の自然と共感する最先端住宅 旭川2022家づくり探訪-9】

田園住宅というコンセプトの旭川市東桜岡に建つ家。 日本の場合は、大規模土地開発はおおむね戦後になって 地方からの大都市圏への人口吸引のニュータウンとして作られ、 むしろそれ以前からの都市圏の住宅の方が高級住宅であり、 ニ […]

【家具と家づくりのフュージョン 旭川2022家づくり探訪-4】

アース21旭川例会住宅見学、2軒目は北の住まい設計社さん。 こちらは家具のブランドメーカーで全国に幅広く展開しています。 その流れで家づくりにも参入したという変わり種企業。 ただ、社名からは家具作りを通じて家の空間すべて […]

【旭川近郊・東川「ワーケーション」発展 旭川2022家づくり探訪-3】

旭川近郊・東川は近年、本州地域からの「半移住」的発展が語られている。 感染症の拡大によってテレワークが日常的に普遍化して 仕事の環境としてとくに首都圏中心地の利便性優先思想が減衰し、 それに替わって自然環境の豊かな地方で […]

【民家2.0〜性能向上と利便性進化 旭川2022家づくり探訪-2】

昨日の続篇、美瑛の新築by(株)創樹さんの家です。 日本人の伝統的住宅、民家を探訪して気付く暮らしぶりと 対比的に現代住宅を見返す視点を持っていると、 いろいろな気付きが得られる。いわば「民家2.0」。 外観的には断熱気 […]

【美瑛の家 旭川2022家づくり探訪-1】

北海道の工務店グループ・アース21の久しぶりの地方現場見学会。 これまで大体年に5−6回のペースで行われてきた 「イマドキ北海道の家」現場見学の貴重な機会。 Zoomやオンラインでの情報交換会もそれはそれで意義があるけれ […]

【水回りがキレイだと好印象 東京町田「浮輪寮」探訪-5】

さて工事途中にお邪魔して、勝手に探訪記シリーズ。 迷子になったことがトラウマのようで仇討ちと全5回になりました。 ルポを許諾していただいた丸谷博男さんのご好意に感謝です。 工事途中の写真撮影なので眼光紙背に徹するように […]

【和の大開口と北海道的ぼやき(笑) 東京町田「浮輪寮」探訪-4】

この建物を再生利用したいと丸谷さんが考えただけあって その構成素材の素性には和風建築としての格調が感じられます。 写真の空間は水盤に面したメイン居室の座敷2間。 ふすま建具で仕切られたものが開放されみごとな広間が広がる。 […]