本文へジャンプ

【川崎大師・四天王と平和の女神像】

わたしは住宅建築を中心に人間文化を探求するのがライフワーク。 個人住宅がメインで通常の現代住宅の他に、 古民家で暮らしていた昔人と仮想的対話、想像力を巡らし、 いろいろな暮らしの痕跡をみつめるのが本旨と思っています。 そ […]

【江戸期と似た清朝初期・1740年代北京「大衆社会」】

日本史はある意味、世界と日本社会の交流が反映したもの。 卑弥呼・邪馬台国の時代から日本にとっては中国は最大の影響要素。 世界的にも珍しい「鎖国」という外交方針まで取った淵源には、 日本的な平和主義伝統があるのではないかと […]

【清時代の絵画「慶豊図巻」1740年代の北京市街】

中国軍はいま台湾封鎖して周囲に実弾射撃を行い、 ペロシさんを迎えた台湾の人々に恫喝を加え続けている。 自分より弱い者へは居丈高に恫喝を加えるという まるでマンガのジャイアンのようで非常識な「国家」姿勢。 共産党独裁の中国 […]

【北京故宮・玉座まわり「鶴の狛犬」発見】

日本の神社には「狛犬」が付き物ですね。 建築としての神社というか、その空間性は好きなのですが、 必ずしも規格性とか統一性はないと一般的に言われます。 犬が一般的な意匠であることは疑いがないけれど、 イヌとは言っても、ほと […]

【自分が宇宙中心・中華思想に「辟易する」諸国民】

いま東京国立博物館で開かれている「故宮の世界」展。 ことしは日中国交正常化50周年だそうで、それを祈念するイベントとして 文化芸術分野での「友好の証」として行われているのだろう。 2019年2月には東京国立博物館で特別展 […]

【日本人の納涼美感「河風」小林古径】

昨日は今回のひとつの目的。長時間の講演会イベント参加。 で、空いている午前中、美術館巡り。やはり美への素朴な思いというものはある。 こういう心情には自分自身で抗いがたい、数寄。 で、ほぼ欠かさず訪れるのが広尾の山種美術館 […]

【炎暑の中「坂東太郎」と古代蓮のデュエット】

暑中お見舞い申し上げます。 7月の間は、確かこの書き出しでいいハズだった・・・。 〜暑中見舞いは梅雨明けとされる7月7日頃から、立秋の前日にあたる 8月7日頃までに贈ります。「暑中」は二十四節気の「小暑」と「大暑」を 合 […]

【北海道夏の味覚 茶道にも似た「トウキビ」食作法】

7月も最終週の週末になってきた。まさに盛夏であります。 きのうの最高気温東京で38度超えということですが、 中国ではなんと40度超が常態化しているのだという。 で、きのうの札幌最高気温は23.3度。 まぁ天候が曇り空だっ […]

【緑の精神浄化と木製「ノアの箱舟」】

さて本日は北海道の住宅施策検討会議に参加予定。 会議資料に事前に目を通したいけれどまだ未着・・・。 その前後にも会合予定が入っていて、デジタルほか各種ストレスは襲って来る。 ・・・さらにどうも最近の世情に心の平安が保てな […]

【わが家の灯油給湯器 設置後20年で故障、ゲッ!】

感染症による世界経済の変調はさまざまな影響を及ぼしてきていますが、 建築関係で直接的なことは半導体不足による各種製品の値上がりや品不足。 上の品不足情報のようにとくに「給湯器」の逼迫ぶりが顕著。 そういう情報をよくわかっ […]