本文へジャンプ

【人口減少と2330万人超・急増の千歳空港利用者】

仕事柄、新千歳空港は週に2回北海道とそれ以外の往復で利用する。 たぶん、年間利用回数は100回くらいでしょう。 50-60数年前の少年期、わたしはJR札幌駅から2kmくらいの街中に住んでいた。 市電が走っていて最寄りの停 […]

【羽黒山・祓川神社にかかる天然石の橋】

祓川と須賀の滝 (はらいがわ・すがのたき) 昔、出羽三山詣での人々は必ず祓川の清き流れに身を沈め、 水垢離をとり三山への登拝の途についた。 滝は承応3年(1654)時の別当天宥により月山々麓水呑沢より 約8kmの間を引水 […]

【羽黒山五重塔で感じたナゾ】

きのう書いた国宝・羽黒山五重塔続篇です。 五重塔という建築はお釈迦様の墓、というような意味だそうですが、 宗教性を持った建築そのものですね。 住宅というのは、こういう志向性を持つということは少ない。 いわゆる大工という存 […]

【紅花が可能にした江戸期民主化】

きのうは山形県を探訪。 前から気になっていた「紅花」についてよく知りたかったのと、 北海道探検でゆかりのある最上徳内さんの記念館探訪。 紅花というのは、北海道のニシンが江戸期の各地の綿花生産に 不可欠な「金肥」として活用 […]

【竪穴と高床、どっちが根源的建築か?】

一昨日、東北フォーラムの年次総会に出席。 っていうか、どうしても外せない要件があって、懇親会にのみ参加。 いろいろな方と情報交換させていただきました。 わたしの場合は、北海道でも同様に研究者・実践者のみなさんと 情報交換 […]

【時代遅れの碍子配線へのノスタルジー】

写真は先日行ってきた北海道十勝の「古民家風」蕎麦店内部。 この建物は数十キロ離れたところから「移築」されたと聞いたのですが、 くわしい状況についてはお店からヒアリングすることはできなかった。 お昼時で超多忙だったので、聞 […]

【アジア的古層の建築&都市計画のカタチ】

本日は歴史建築への雑感です。 写真は仙台市博物館展示での「陸奧国分寺」模型。 手前から「南大門」があって、正殿に対して回廊まで配置されている。 わたしはこういう歴史建築の研究者ではありませんが、 この「回廊」は、建築的意 […]

【トイレ設計のエチケット】

現代人というのはとにかく「移動」し続ける。 飛行機・鉄道・公共交通機関・クルマなどなど、 移動手段は無数に存在し、定点的に生きるよりも移動する生活の方が 現代人類をより深く規定している要素。 移動すれば、人間にはかならず […]

【住宅打合せは女性心理ファースト】

フランス語で住宅は「maison」(メゾン)と言う。 フランス語では名詞に男性・女性の区分けがあることはご存知の通り。 で、住宅は「女性名詞」となっているそうです。 で、世界に冠たる「戸建て注文住宅」国であるニッポンでも […]

【暮らしのモノの魅力、直撃弾(笑)】

一昨日書いた和風古民家が必ずしもピッタリ似合う地域ではない 北海道十勝での「古民家蕎麦店」でふと見掛けた陶器。 これにどうも「ひと目ぼれ」したらしい(笑)。 みなさんはお気に入りのモノって、 どのようにそうなったか、気が […]