本文へジャンプ

【豪放磊落 丸太木組みの美感】

どうもこういう力感に弱くなってきています(笑)。 丸太が縦横にそのままにあらわされて くっきりと目に見えるかたちで構造美をたたえている。 まことにシンプルに「こうできているよ(笑)」と語りかけている。 一見「無意匠」とい […]

【過去地形から歴史を見つめ直す】

きのう「過去地形」について触れたら、 さまざまな反響、ご意見をいただきました。 たいへん貴重な声をいただき、感謝の念に堪えません。 わたしの家系は祖父は広島県福山市近郊生まれで北海道に移住し、父も彼の地で 生まれましたが […]

【ムラ社会を超える人間共同体は可能か?】

先日、このブログで【核家族から大家族へ 社会復元は可能か?】 っていう記事を書きました。 それがけっこうロングセラーな反響(笑)をいただいています。 要旨としては現代の趨勢である「核家族」が生み出した 人間の生き方をより […]

【都市集中と未来の「住み方」変化】

あるデータを見ていて興味深いことを発見。 わたしは昭和27年生まれですが、どうもこの時期に 日本社会は「郡部」から「都市」に人口比率が重心移動している。 平成22年国勢調査で都市人口は1億1615万7千人と総人口の90. […]

【核家族から大家族へ 社会復元は可能か?】

先日、身内の兄弟姉妹であつまる機会があった。 わたしは6人兄弟(姉1名)の末っ子。 従っておおむねは高齢社会の問題で話が盛り上がる。 兄弟での話なので、いちいちは確認のしようもない情報が行き交う。 「高齢者の免許返納は認 […]

【1400年前「法隆寺」国家事業建設】

きのうは現代の「高断熱高気密技術」について 技術をより高めて継承していくには、目的的な行動が必要という そういうテーマで書きましたが、いろいろ反応が寄せられました。 高断熱高気密住宅についての「民族史」的な意義ということ […]

【高断熱高気密技術をどう継承するか?】

昨日は北海道建設部の住宅施策諮問会議参加。 座長を鈴木大隆さんが務める北海道住宅の方向性検討会議です。 わたしはメディアを発行してユーザーの「取材」を業としている立場で そういった意見を述べさせていただく次第。 いろいろ […]

【歴史人口増加と建築の進化発展】

歴史的なことを考えるときには、当時の人口を考えながら なるべくリアリティを持って社会の様子を想像するようにしています。 ライフワークの建築テーマでも、その考えを踏まえて想像している。 建築の技術発展と建築需要把握について […]

【木彫仏の隆盛と木造建築技術進化の相関】

さて今週は比較的に取材ネタが多かったのですが、 このブログでテーマにして行きたい木造建築技術の原初期を探る探究。 きょうは、木造技術の周辺領域についてです。 日本は東アジア世界の文化圏に長く位置してきて この歴史経緯のな […]

【家を操作するスマホ?「自立的」タッチパネル】

こちらの写真も、地域工務店グループ・アース21の見学会から。 住宅にはどんどんと便利な設備が導入されてくる。 玄関先に来る訪問者との応答対話、各種設備機器の調整コントロール。 太陽光発電での発電状況把握、いちばん身近な照 […]