本文へジャンプ

【空中からの眺望、地上への想像力】

 さてすっかり原稿書きが佳境になって来て、それぞれのテーマでアタマが一杯になって来ている。そうでなくても容量が多くないことは十分以上に自覚しているので、多少、クラクラ気味。  こういうときはボーッとしているのが一番、とい […]

【大阪-長野県飯田の往復クルマ移動 ふ〜っ】

 寄る年波のさなか、大阪市中央公会堂周辺から、一気に中部地方・長野県飯田市まで長躯移動。  ある個人的な探究テーマを深掘りすることに没頭しております。これまでの住宅領域での経験に立脚しながら、自分自身の興味分野が拡大して […]

【馴染み宿が「重要伝統的建造物群保存地区」だった】

 重要伝統的建造物群保存地区っていう長すぎる命名(笑)。どうもこういうのは、仕方なく指定するけれど、官僚機構としてはあんまり好ましくないとでもいった無言の抵抗も感じる。  以前、鈴木大隆さんが伝統木造派のみなさんの会合に […]

【松浦武四郎の「北海道」命名・探検図】

 所用があって東京に来ておりますが、その所用の会場は有楽町ということで、午後からの日程前に皇居向かいに数年前に(移転)オープンした「静嘉堂文庫」を探訪。こちらは岩崎弥太郎・三菱財閥の収集した文化財などを収容していて、国宝 […]

【公共交通利用・出張移動の歩数増加】

 昨日まで関西地方に出張取材。ある計画についてのフィールドワーク&取材だったのですが、これは土曜日のクライマックス「歩数」。  わたしは雪が融ける時期からは毎朝散歩を日課としていますが、ことしのキックオフはどうも今回の出 […]

【季節は真冬本番へ。洞爺湖冬景色】

昨日で今年度の実質第1週が終了。夜には新年会もあって、本日は連載テーマは一時休止。 今週はいろいろなスタートもあったのですが、わたしは取材で伊達方面に行っておりました。久しぶりの北海道内での「遠出」。それも積雪もほぼ例年 […]

【1月の南国「高地」ホテル宿泊体験 四国・梼原と隈研吾-10】

隈研吾の梼原町での建築の最初は「雲の上のホテル」だったそうですが、現在まだ建て替え工事中。やむなく写真の町営ホテル「まちの駅ゆすはら」に宿泊させていただいた。ただ、温泉設備はないのでいったん外出して、記事掲載した「雲の上 […]

【日本人の審美感と建築「風土」】

本日から1週間、札幌から仙台、東京と移動出張ウィーク。 ずいぶんたくさんの移動を経験してきたけれど、 わたしの父親やその先の先祖の事跡をたどることが時々あって、その結果、 どっちかというと農民的定置生活よりも、移動交流型 […]

【北海道人として「東京」との定期的対話】

昨日、炎暑38度の東京から札幌に帰還。 関東に行っている間、ほぼ気温は38度前後で高温安定していた。 そういうなか目的地まで歩行での移動もたくさん発生する。 コンクリートやアスファルトからの照り返し、輻射もあるので 熱射 […]

【小豆島の農村歌舞伎舞台 四国住空間探訪-1】

さて札幌の大雪ドカ雪での都市機能クライシスでありますが、 昨日は朝からマヒ状態の都市機能ぶりを散歩で確認した後、 昼間には久しぶりに友人と会食で外出。 「JRなにやっているんだ」という意見が飛び交っているのですが、 一昨 […]