本文へジャンプ

【オオウバユリ開花ドキュメント inさっぽろ】

毎朝、最近のさっぽろの気温はおおむね15度前後。 やや涼やかではあるけれど、動き始めると発汗と気温の相性がいい。 神宮参拝の習慣を済ませれば、自然との交歓。 多くの人が小動物、リスたちとのコミュニケーションを楽しんでいる […]

【7月7日「オオウバユリ」花弁分枝 inさっぽろ】

ここのところ「里山住宅博inつくば」での住宅取材記事を連発。 やっぱり住宅をウォッチして感じたことを書くのが楽しい。 またあした以降、つくばでのいろいろな住宅取材記を書きます。 本日は、別の自然観察テーマ。 札幌で生きて […]

【あと何日で開花するのか、オオウバユリ】

朝の散歩コース、最近はご近所の「西野緑道」も復活して いつもの北海道神宮境内周辺とを交互に歩いております。 どっちにも馴染みがあって、甲乙付けがたい。 で、神宮の方では写真のような「馴染みの草花」が多くて その生育ぶりが […]

【99.9%「ありえない」車両ナンバー接近遭遇!】

最近わたしのブログで地味に盛り上がっている ご近所のクルマ車両ナンバー・近似問題(笑)。って、まぁ問題ではない。 数日前にブログテーマの住宅とは無関係とお断りして書きましたが、 本筋テーマ以上に閲覧数がうなぎ上りでした。 […]

【子育てまっ盛りのオシドリたち】

こちらからオシドリ親子の動画をご覧いただけます。 ここのところ、北海道も梅雨入りしているような天候。 木曜日以降、ずっとスコール状の雨とかが続いております。 ということで、散歩の出鼻をくじかれることが多い。 本日は朝から […]

【日本とアイヌの共生 北限杉とオオウバユリの森】

杉の森というのはごくふつうの景観と思っていましたが、 毎日散歩している北海道神宮周辺でみられる杉木立は どうも人為的に植え込まれたもので、 杉の「北限」であるということだそうです。 北海道には自生する杉はなく、この杉は北 […]

【樹齢430年超 北海道神宮の御神木再臨】

北海道神宮周辺は、明治初期にアメリカの都市計画家たちによって 手つかずの自然環境がそのまま保全されました。 市内中心部の「北大植物園」もそのように保全されました。 そういう保護があって今日でもこの地のネイティブの姿を確認 […]

【設計図なしの現場対応? 森の木道「技術美」】

写真上は毎朝散歩の札幌円山公園の「緑道」。 円山登山口から動物園入り口までの間、7-800mの距離で 自然起伏に沿って木道が巡らされている。 散歩者としては、足下に難渋することなく森の胎内に入り込んで 自然林の息吹を体感 […]

【オオウバユリは今年まだ開花前。ウォッチするぞ】

しばらく忙しくて行けなかった早朝散歩。 本日、心を入れ替えて北海道神宮境内を歩いておりました。 時間にして30分ほど、歩数にして4000歩弱。 で、動機はなんだろうかと思うと自然のうつろいを 感受したいということがいちば […]

【ハナミズキとヤマボウシ競演 in 山形市】

きのうは山形市内を巡っていたのですが、 至るところ、街路樹としてハナミズキとヤマボウシ。 北海道ではハナミズキが街路樹に使われるって あんまり見覚えがなく、またほかの街でも見たことは多くない。 山形市では「街の木」として […]