本文へジャンプ

【空間変容が生み出すよろこび・改修工事現場から】

 さてきのうの続き。  わたしは生きている時間で、ずっと建築営為との付き合いが長い。もちろん住宅雑誌を創刊したということはいちばん大きなことだろうけれど、しかし自分自身の環境が、変容してきたことも多く遭遇した。 1番目は […]

【事務所活用予定の清田区里塚の家・一部改修工事】

 最近、空き家などが大きな社会問題化してきています。調査では900万戸を超えるということですが、フルで活用されず、一時利用などのケースも合算されることから実際には本物の「放置物件」というのは350万戸程度とも言われる。 […]

【空中からの眺望、地上への想像力】

 さてすっかり原稿書きが佳境になって来て、それぞれのテーマでアタマが一杯になって来ている。そうでなくても容量が多くないことは十分以上に自覚しているので、多少、クラクラ気味。  こういうときはボーッとしているのが一番、とい […]

【木目の美感に誘われて〜木組み篇】

 このブログでは、だいたい連載型テーマものがひとつの「路線」なんですが、どうも最近たくさんの執筆作業が重なっていて、ブログでまでそういうテーマものに取り組むと、完全にキャパオーバー。  住宅写真はそれこそ全国各地に探訪し […]

【高速道路パーキングの長大な木の長椅子】

 わが家には芦別の木工場に自然乾燥させられていたナラ無垢材から長い時間を掛けて造作してもらったテーブルがある。わが家にその木が来てからもう25年以上経過している。四半世紀。  はじめはとにかく「暴れ者」で参っていた。一応 […]

【おお、札幌円山で赤いハナミズキかなぁ?】

 昨日、ある方からの「住宅についての相談」を伺っていて同道した札幌市中央区のある一角。ほぼ自然状態が放置されていたなかに一本の見覚えのある花の姿。北海道では「ヤマボウシ」という名前の方が一般的で、それも花が白いほうが圧倒 […]

【やっぱり好きです、高鴨神社】

 先日の関西〜信州飯田往復の旅の最終日、結局、帰りは奈良県の橿原に宿泊して前述のように「重要伝統的建造物群保存地区」のなかの旅宿で体を休めていた。  翌日、札幌に帰還するのだけれど、レンタカー道中でもあり、やはり大和盆地 […]

【北海道の自然美と日本的「作庭」美】

 写真はきのう久しぶりにちょっとだけの「散歩」をしたら、さっそく路傍から目を楽しませてくれたルピナス(昇り藤)。この花は北海道自生の品種ではなく明治以降の開拓の過程で、ヨーロッパから導入された花。っていうか、それが目的で […]

【大阪-長野県飯田の往復クルマ移動 ふ〜っ】

 寄る年波のさなか、大阪市中央公会堂周辺から、一気に中部地方・長野県飯田市まで長躯移動。  ある個人的な探究テーマを深掘りすることに没頭しております。これまでの住宅領域での経験に立脚しながら、自分自身の興味分野が拡大して […]

【800年続く「戦後」を生きる集落 日向・平家落人村-5】

 日本三大秘境と言われる四国・祖谷、白川郷とこの日向・椎葉。大阪・豊中の古民家園で突然遭遇していたけれど、やはりほかの民家とは隔絶した「背景事情」が感じられて、深くとらわれてしまった。  現地で見ていたときに日本の古民俗 […]