本文へジャンプ

【北海道神宮奉納フラヌイ注連縄:中富良野取材】



開拓初期には北海道では米作は不可能と思われていた。・・・
注連縄という宗教文化には、その素材として稲ワラが不可欠なので、
開拓三神を祀った北海道神宮では最初、この注連縄はどうしていたか?
もちろん伊勢神宮など注連縄のない神社もあるけれど・・・。
麻縄という選択肢もあるけれど、やはり米作と日本社会は底深く根がらみ。
残念ながら、最初期の様子を伝える鳥居や社殿の写真でも
注連縄の様子をうかがえる写真は見当たらない。
それどころか開拓初期には北海道では「縄」が主要な販売品とされていた。
本州以南社会では、縄というのは水田耕作の必然で発生するありふれたもの。
昔のテレビ番組などでよく見かける米作農家「夜なべ仕事」現金収入の定番。
北海道ではそれを高価な輸送費をかけてわざわざ本州から移入していた。
そういう北海道で開拓三神は首を長くして、注連縄を待っていたかも知れない。
北海道の神社建築と注連縄歴史についての研究はあまり聞かないので、
当面は想像を巡らすしかないでしょうね。

で、北海道神宮にフラヌイ注連縄を奉納している地元の中富良野神社に取材。
情報をいただいた好事家のTさんは「氏子でもないので・・・」と内気に
神社の神主さんにこの注連縄について尋ねられなかったそうですが、
わたしは、年来の「神札収集」趣味を活かして1,000円なりを出資するカタチで
お礼もお支払いし、根掘り葉掘り質問攻めにしておりました。
最初は境内周辺で子犬を散歩に連れていた女性に問いかけたのですが、
どうも話が通じやすく弾んでいたら、社務所に案内された。
どうやら、神主さんご一家の方だったようで、神主さんに質問バトンタッチ。
「あの、失礼ですが鳥居には注連縄ないですね」
「そうなんです、あれは野外に掛けるので1年持たず、降ろすんです。
ことしは、9月4日に注連縄が新規に奉納される予定」ということ。
氏子の「俵御輿同志会」が毎年制作して、奉納されるのだそうです。
北海道神宮への奉納の契機は、昭和28年7月に旭川の「上川神社」に奉納し、
昭和34年北海道神宮の前身、札幌神社に同じデザインの注連縄が奉納された。
この奉納がテレビなどで放映されることで話題が集中したとされます。
「で、この注連縄デザインは岩木山神社と瓜二つなんですが?・・・」
「それは、この中富良野には津軽からの農民集団移住があって・・・」
という想像通りの由縁だそうであります。
津軽農民としてやはり米作への思いが強く、入植以来コメ生産に勤しんできた。
「注連縄400kgの材料の稲ワラはその倍くらい必要なんですね。
コメは品種改良が進んでイマドキは背丈が短くなっている。材料確保がたいへん」
というような制作状況のようですし、さらに俵御輿同志会の高齢化も進んでいる。
中富良野神社では第1鳥居にフラヌイ注連縄が据えられる。
北海道神宮は本殿前の屋根付き「神門」に備えられているので持ちがいいようです。
4年に一度の北海道神宮注連縄交換はつい昨年できたそうですが、
今後の「文化継承」には、やはり危機感があるようです。

ちなみにこちらの本殿は鉄筋コンクリート製で、社殿には注連縄はない。
敷地内に勧請されている稲荷社は一般的な「中太り」の注連縄でした。
津軽と北海道、氏子たちの崇神の思いが海を越えた岩木山to北海道。
稲作と注連縄in北海道。日本人の精神性の中核・民俗性も確認できた次第。

【大正末北海道住宅・洋室の「白樺格子」天井】


現代住宅ではほとんどデザイン的にはワンパターン化している天井。
「高級住宅・個性化住宅」ではごくわずかにデザイン挑戦がある、
というのがいまの状況ではないかと思います。
8日取材の「上富良野町開拓記念館」(旧吉田邸復元)では、
玄関横の「応接間」とおぼしき部屋が「洋室」になっておりました。
当時は上富良野町長だったので、来客も多かったと推測できます。
で、こちらの天井仕上げを見て、白樺の自然木が格子組みされてデザインされ、
その格子の間には、面材として木目の残る板材が使われておりました。

こういったデザイン仕上げというのは、わたしははじめて遭遇した。
大正期、いまから96年前の住宅建築ですが、
非常に革新的なこころみが、出窓や2重ガラスの開口部、
さらにガラス戸での「雨戸」造作などで行われている。
いったいどんな作り手が? という疑問に応えてくれるのが「棟札」。
<これは建築好事家・Tさん撮影の写真(幅広加工)>

大工棟梁として「高原権平」と読み下しうる名前が確認できる。
大正14年8月25日に起工して、9月18日に「建前」
しかし「竣工」年月日の記載がない。
噴火泥流は大正15年5月なので、それまでには出来上がっていたハズだけれど、
その前、2月くらいから噴火の前兆は気象庁の記録にあるので、
十勝岳噴火の影響で工事自体も「竣工」に至らなかった可能性がある。
この時代の建築確認などがどのようであったか、調べていないけれど、
棟札を遺す気風の大工棟梁にしてきちんと記載しなかったのには
なにか、理由があるように思われる。ましてや「村長邸」でもある。
しかしいま、WEBで検索してもこの名前では他の記録に尋ね当たらない。
まぁ大工という職業の社会的地位はこの時代、必ずしも高いとは言えない。
職業としてはあまり人気はなかったのだと言われる。
しかし、棟梁としては遺っていく建築として気合いは入っていたと推測できる。
そういう気合いと、この建物での「革新的こころみ」にはある符号を感じる。
木の素材として白樺は、どういう樹種ランク位置にあるかは知らないけれど
それを製材せずに自然木として使って、その曲がり具合に合わせて
板材を仕上げていったに相違なく、手業は十分に丹精されていると思う。
たぶん板材は1枚1枚微妙に寸法が違っているかも知れない。
こういう仕上げについて、棟梁の技量発揮の檜舞台と考えて作ったのか、
あるいは、施主・吉田氏の強い思い入れや希望があったのか。
いわゆる伝統的な和の大工技量で白樺自然木を使う流儀はあまり見ない。
和洋混淆の住宅の「洋間」の内部仕上げで「いっちょ、やってみるか」と
実験的に採用してみたのだろうか。
天井を見上げつつ、さまざまな想像力が膨らんで止まなかった。

【大正15年十勝岳噴火泥流災害を生き延びた家】




さて昨日ご紹介した現在の「上富良野開拓記念館」=吉田貞次郎邸は、
その完成後に大正15年の十勝岳大噴火・泥流被害に遭遇した。
その被害から地域が立ち上がって地域が復興し、災害に生き残った
象徴的な住宅建築としてひとびとの記憶に残ってきた建物だという。
昨日書いたように、世界的な豆需要の高まりで空前の好況を経験したけれど、
その最盛期にこの自然災害に見舞われたのです。
以下、気象庁HP 十勝岳 有史以降の火山活動より要旨抜粋
〜1926(大正15)年の記録より抜粋。
<水蒸気噴火(泥流発生)→(山体崩壊・泥流発生)→マグマ噴火、水蒸気噴火>
中央火口丘から噴火。火砕物降下・泥流→岩屑なだれ・泥流→降下火砕物。
●5月24日噴火:12:11噴火、小規模な泥流発生。14:00小規模な鳴動と噴火。
16:18噴火、中央火口丘の北西部破壊され熱い岩屑なだれが積雪を溶かし
大規模な泥流発生(平均速度約60km) 2カ村(上富良野・美瑛)埋没。
死者行方不明144名、負傷者200名。建物372棟家畜68頭山林耕地被害。
北西U字型火口形成。噴出物量1.3×104m3崩壊物量2~4×106m3。
マグマ噴出量は1×103DREm3。(VEI1)
●9月8日噴火:16:33噴煙高度4600m、行方不明2名。9日小噴火:15:40。
10日小噴火:9:37頃、15:48頃、18:50頃。〜

まことに凄まじい噴火記録に目を覆いたくなる。・・・
十勝岳は地域が開拓以降も数多くの噴火を記録している道内有数の「活火山」。
地域の東側に位置して、その裾野の広大な地域が上富良野にあたる。
噴火の時期によって被害の状況に違いがある。
この大正15年の噴火では、雪融け時期にあたっていて、
その融雪水が泥流となって地域を襲ったのですね。
自ら開拓者の息子であり、自作農であった当時の町長・吉田貞次郎は
村を放棄するか、再開拓するかの岐路に立たされたとき、
復興に向かって村をまとめ上げていったということ。
幸いにして地力は奇跡的な回復を見せてくれて、旺盛な需要にも支えられ、
ほどなく「地域再生」が計られていった。
そういった経緯が多くのひとびとの共感を呼んで、その後かれは
衆議院議員にも北海道から選出されていった。まことに有為転変そのもの。

現在わたしたちが見学できるこの建物は、
そういった地域の大変動を生き延びてきた歴史の証人でもある。
<記録写真と現在写真の相違は展示室増築による>

【縁側➡出窓・ペアガラス 大正15年北海道住宅進化】



8日に北海道中央部、上富良野開拓記念館を撮影見学してきました。
北海道の建築好事家Tさんからの情報。
タイトルのような「寒冷地住宅開口部」の歴史上、面白い位置にある建築。
なんですがまず、この建築に至る背景歴史のやや長めの「前振り」から。

この記念館は大正15年の建築で当時は上富良野は明治30年の
三重県伊勢地方からの集団移住全8戸の入植から、約30年ほどの経過時点。
当時は当地で産する豆類が東京大阪の「市場」で高値で取引されたとされ、
出荷産地である上富良野は、「豆景気」の好景気に沸いていたとされる。
〜大正3年にヨーロッパのバルカン半島から勃発した第一次世界大戦は、
一般には「豆景気」と呼ばれる好況を生じさせた。
3年8月の開戦当初はヨーロッパはもちろん東アジアの海上輸送も不安になり、
事態の進展にたいする見通しもたたなかったから、輸出は停滞し物価は低落し
一時は恐慌状態を呈したが、やがて戦局の推移が見通されるようになると、
4年から回復に転じ、5年にかけて好況が訪れた。
農産物を中心とする海外輸出は急激に増進し、生産物価格は高騰し、
3年以降農産物が豊作だったこともあって農村は異常な好景気につつまれた。
これは西欧諸国間の豆類の輸出入が中絶或いは激減したことが要因。
「連合国」側の一員であった日本からの輸出が激増したためである。
豆景気は上富良野の経済もうるおした。〜<上富良野百年史より要旨引用>
なにやら現代の「新型コロナ禍」の状況にも相通じるような世相。
たぶんこうした「世界規模の経済変動」は今次事態でも想定できるのでしょうし、
まったく違ったカタチで「現に」いま進行してもいるのでしょう。

で、そうした状況から地域の有力者であり三重県からの士族移住であった、
吉田氏の当主・貞次郎氏は上富良野村長でこの住宅を建築。
豆景気を受けて、予算を掛け当時の最先端の住宅を建てたものでしょう。
当時のひとびとの「建築技術の興味のありか」が偲ばれる。
わたしの最近の「住宅技術探索」で「出窓」が特徴的に寒冷地北海道で進化した
そういう痕跡に徐々に気づき始めております。
先述の好事家Tさんともこの想定の線で探索方向を共有している。
明治10年代建築の現存する「永山武四郎」邸ですでに「出窓」はあるのですが、
開拓から60年経過の、94年前の寒冷地木造住宅の先端的作りよう。
ここでは、基本は「和風」生活様式が継続しつつも、
洋室が玄関脇にしつらえられて「和洋折衷」が意図されている。

上の写真は3間続きの和室側から「開口部」を見た様子。
和風建築の基本の「縁側」に向かって障子で結界され「書院」も造作。
で、上の特徴的な外観写真と開口部仕様になっている。
外観写真では手前側南面に対して縁側的な大開口が確認できる。
左端には雨戸収納の「戸袋」がありますが、木製板戸ではなく
代わりに「ほぼガラス製」の引き戸が「縁側」全面4間半に配されている。
その右手端には洋室開口部として「出窓」が連続している。
ほぼ全部がガラスで覆われているような外見になっている。
上から2番目3番目写真が、出窓と縁側部の「2重ガラス」化状況。
和風建築in北海道の「進化」として、日本建築独特の「半外部・縁側」が
寒冷気候にはムリと悟られ、しかし「縁側造作技術」による現地対応を図った。
和室から縁側大開口を見渡す日本的生活様式を寒冷地で実現させるため
木製板戸に代わってガラス建具が導入され、さらに外部との間に
ガラス建具が内側にも造作され「2重ガラス」空間が実現している。
さらに建築技術的にはその延長線上で「出窓」も2重ガラス仕様の端緒として、
あるいは見方を変えれば「縁側」のミニチュア化として採用された。

すぐに気付くのが以下のポイント。
外部建具の「ガラス引き戸」は雨戸の代わりで「戸袋」も用意されているけれど、
積雪時期に果たして満足に機能したかどうか。
そして季節の良い時期にも、戸袋に「仕舞われる」ことはあったのかどうか?
戸袋内の確認は不可能でしたが、移動収納させる以上金属レールはないでしょう。
そして内側のガラス引き戸も全開放ということは出来なかったハズ。
そのように考えるとこの「開口部」は2重ガラスの「窓」だったと思える。
建築思想的にそれが純化しているのが隣の「出窓」、という解釈。
ガラス建具は北海道開拓期で苦闘する家屋でもいち早く導入されている。
木と紙と土の建築という日本建築古来の素材では寒冷地住宅の素材たり得ず
高価なガラスが、いわば先端的建材として北海道民に受容されたことを示している。
要するにガラス窓は「家をあたたかくする」ために、高価であっても
合理的選択として多くの北海道民に選別支持されたのだと言われる。
輸入最初期の当時のガラス建材最大出荷先が北海道だったことは事実。
北海道で住宅建築技術進化が開口部で急速に展開した、
そういう痕跡をこの建物は表現している。そう思われてならない。
みなさんのご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

【注連縄番外篇:この手があったか! 狛犬・マフラー】

やられた(笑)。
注連縄というポイントに注目しての新型コロナ禍対応ブログ・過去取材探訪。
これまで気付いていなかった、ふとした発見が襲ってくる。

この写真の狛犬さんは、播州姫路市内の「英賀神社」境内写真で発見。
わたしの家系の所縁のある神社なのですが、
「え〜と、あそこの注連縄ってどうだったっけ・・・」と
写真を探していたら、狛犬らしく控えめに写真端に小さく納まっていた。
今回の「シリーズ」ではひたすら「注連縄」に注目して写真をチェックしていたので
たまたま本殿の注連縄の写っていた写真を引っ張り出したところ、
こっちの狛犬をつい発見してしまった次第(笑)。
なんとも愛らしい。この魅力にはまったく太刀打ちできない。

この狛犬さん、どっちかというと無愛想な表情をしているので、
「おい、少しは愛嬌でもふれや」という注連縄飾り担当からの強制圧力が働いた?
こういうレベルになると、これはもう圧倒的に「民のパワー」。
注連縄というのはだいたいが、その神社の「氏子」さんたちの奉仕活動だということが
段々に知れるようになって来た。
神社という地域伝統と在地性の高い民衆信仰は、民と神との対話の足跡ではないか。
「鎮守の森」は同時にムラ社会の「公共空間」であり、地域社会そのもの。
倫理観や法以前の社会道徳や慣習が表現されてきたもの。
政治変動とはまったくちがった日本的「民主主義」の揺りかごのように思える。
今日のメディア空間・WEB空間とも通ずるコミュニケーション空間。
そのような社会の持っているある側面が、たとえばこのような
狛犬の意匠に、断片的に表現されてしまうものではないだろうか。
こういった表現力を持つ「民の空間」には激しいシンパシーを感じる。
なにか、「きっと良い土地に違いないのではないか」と思わせられる。
関西漫才を支える部分とも通ずる社会的な「おおらかさ」「屈託の無さ」が伝わってくる。
結局は「民の暮らし方・文化」の力なのではないだろうか。

注連縄というツールは、案外日本人とその社会をわかりやすく解析する
そういった可能性を持っているように感じられてきた。
その作り手と媒体としての神社との関係性まで見つめ始めると、
これまでの数倍の「気付き」が得られていくように思えます。

【夏の醍醐味 メロンにアレルギー?】

最近ある仕事関係の方から、いただいたメロン。
スタッフでおいしく食べさせていただいておりました。
2個いただいたので、ちょうどテレワークでの出社組が入れ替わるのに合わせ
2日間でいただくつもりでした。で、わたしがメロンをきょうは何人に分けて切るかと
問い合わせたら、2日連続出社の「運の良い」あるスタッフから
「あの、わたしは除外してください」との申し出。
「え〜、こんなにおいしいのに、なんでさ?」
「あのう、実はアレルギーが発症しまして・・・」
おいおい、であります。
メロンにアレルギーってあるんですね。まったく知らなかった。
北海道は「夕張」にこの「富良野」とメロン王国化しているのに・・・。
喉の奥から違和感が湧いてきて、身体に異常反応が出たとのこと。
以下、検索したら花粉症との関連が言われているようです。
〜果物アレルギー・野菜アレルギー花粉症に合併する疾患としては
喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が多いのですが、
近年、口腔アレルギー症候群(OAS:果実野菜過敏症)が注目されており、
食物アレルギーの特殊型に分類されています。
果物アレルギー・野菜アレルギーは果物、野菜などを摂取した時に生じる
口腔内に限局したかゆみや腫れを示す症候群であり、
花粉症のおよそ10%に合併します。今や国民病となった花粉症の患者増で、
果物アレルギーの患者さんも増えているといます。
特にシラカバ花粉症の多い北ヨーロッパで高い頻度を示します。
リンゴ、モモ、サクランボ、イチジク、キウイフルーツ、メロン、パイナップル
トマトなどが報告されています。<北海道ヤバいかも!>
果物アレルギー・野菜アレルギーの原因は花粉抗原と果実・野菜の
共通抗原性により生じています。果物や野菜を口にすると、かゆみなどの
違和感があるのですが、最初は何のアレルギーかわからない人がほとんどです。
<大阪・天神橋みやたけクリニックさんWEBページより要旨転載>
〜ということ。う〜む。

いやはやなんともかわいそうなのですが、
花粉症は増え続けているようなので、気をつけて行かなければなりませんね。
とくに多数に食事を提供する習慣「社長食堂」シェフとしては、要チェックポイント。
そうです、今度のメニューどうしようかなぁ〜。なんにしようかなぁ〜〜。

【注連縄探訪:石見国一宮「物部神社」】



石見国一宮「物部神社」という案内表示を発見し驚愕して、すぐに参拝した。
島根県大田市で中国山地内陸部。島根県では出雲大社がすぐ思い浮かぶ。
事実わたしも、広島市から出雲に抜けていく道中をクルマで走っていて
ふと、交通案内標識で知ることになった次第です。即決で途中立ち寄り。
島根県というのは古代国制では出雲国と石見国の両方が東西合わさって
島根県を構成しているということだそうです。
北海道人にとってはまことに遠隔地で一般常識レベルでは土地勘はない。
出雲はなんとなくわかるけれど、西隣の石見は銀山くらいの認識。
で、それはいいとして、名前に「物部」と名前が付いていて胸騒ぎなのです。
いかにも古代史ロマンへ胸焦がせるキーワードとして心に響き渡る(笑)。
日本史の隠された秘密が一気に素性を明かすみたいなワクワク感。
出雲への道中で「物部」と名の付く古代由来の神社に出会うとはオドロキ。
一時期、中国地方の「神楽」ブームにはるかな羨望を持ちましたが、
まことに中国地方は、歴史のタイムカプセルだと思い知らされた。

物部氏というのは古代の有力勢力で、神武天皇以来の勢力一族。
この石見国一宮をみてから初めて知ったのですが、豪族・物部氏は
古代の製鉄・武器製造に深く関わった一族であり、そこからヤマト政権での
軍事部門の最大勢力となっていた。朝鮮半島との連携を模索した磐井の乱の
鎮圧でもその中心的な役割を果たしたとされるのですね。
地理的に九州侵攻の足場・本州最西端に位置するので対磐井の戦力主力。
この石見国は銀山で有名でその鉱工業技術からヤマトの軍事物資生産拠点で、
同時にヤマト政権以前の「出雲連合政権」の主勢力に対して
それを監視する役割も、物部氏は担っていたと想定されるようです。
荒神谷の大量の銅剣銅鐸など、金属機器生産で日本史のカギを握る地域。
また日本史のメイン交通路である瀬戸内海に出雲が出て行くとすれば、
この「物部神社」地域を制圧してからでないと出て行くことが出来ない。
中国山地一帯の最重要交通路を押さえる要衝の位置にある。
ヤマト政権の対出雲最前線防衛ラインとして機能してきたことが明らか。

社殿は寄棟の長辺側が左右に全開放されたヨコ巾の長いファサード。
注連縄も、広い開口上部に横長でうねうねと渡されている。
昨日紹介した厳島神社と同様の「ゴボウ」締め。右側がやや上がっている。
社殿正面全景では、奥の本殿が直角に配置されているので、
その屋根上端部の木組みが象徴的デザインとして表情を作っている。
全体として、拝殿・本殿の組み合わせは他ではあまりみないような外観。
その由来に思いをはせつつ、ユニークな建築デザインに感銘を受けていた。
物部氏は、蘇我氏との仏教導入を巡っての争闘で敗退し、
その後一族は全国に散らばっていった様子が歴史に伝わっている。
東北の蝦夷とヤマト政権の戦いでも、寡黙な有力一族としてその陰が常にちらつく。
古代史の大きなナゾがこんなわかりやすいカタチで現存する。
まことにワンダーランド感に打たれておりました。2013年夏の探訪記憶。

【注連縄シリーズ「厳島」カラフルな神姿】


さて最近ハマっている「神社建築・注連縄」探究シリーズ。
って勝手に「シリーズ化」しております(笑)が、
自由に取材活動ができない状況の中では、やむを得ない「探究」篇です。

なんですが、これはこれでいろいろな「気付き」があって
過去の「取材データ」も、自分自身の建築行脚の「まとめ」素材集と気付く。
住宅建築についてはいまはほとんどスタッフが体験し続けているので
わたし自身は年間でもそう多くの取材体験はなくなってきている。
しかし膨大な過去記録からの整理整頓は、なかなか出来なかった。
で、特定テーマ、いまは「神社の注連縄」関係に取り組んでいる次第。
厳島神社も過去数回見学しているけれど、
そういえば注連縄どうなっていたっけなぁ、程度のあいまい記憶しかなかった。
で、写真を整理整頓して探訪してみたのが上の2枚の写真。
下の写真は、回廊形式の社殿建築入口にあったもの。
厳島神社の場合、本来の「結界入口」は海上に自立する鳥居なんでしょうが、
鳥居にはさすがに注連縄はありません。
海と注連縄ということではやはり伊勢の夫婦岩に尽きるということでしょうか。
で、社殿建築のなかで注連縄はここと、
2つの神さま本体の居場所「本社本殿」とこの写真の「客(まろうど)神社本殿」
を飾っている注連縄ということになるようです。
どちらも同様のデザイン構成だったので、きょうは客(まろうど)神社本殿を。
注連縄本体としてはごく一般的な形式のようだと思われます。
出雲のようにまで太くはないけれど、やや中太りで、
ねじれ具合もしっかりと施され、標準的な印象を持ちます。
端部では右側が太いままで左側が細くなっています。
大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなどの違いでは大根締めは両端がつぼまり、
ゴボウ締めは片側のみが細いとされるのでこれはゴボウ締め。

しかし、厳島神社は全国でも最先端のファッション性。
1枚目の写真の客(まろうど)神社本殿では注連縄はシンプルな分、
ほかのデザイン構成要素の賑々しさには、目を奪われます。
ほかの神社社殿と比較して隔絶しているのではないか。
たぶんこうしたデザイン構成は起案者・平清盛の性格要因が強いのではと。
平氏というのは大陸との活発な交易権益独占によって
勢力を伸張させたことがあきらかであり、
また当時の都の建築洋式としての「寝殿造り」を神社建築に導入したともされる。
都ぶりの華やかさの権化のような輝かしさがある。平家の盛衰の
両方の要因を奇しくも体現しているような建築なのでしょうね。
伊勢のような簡素さが全国の神社建築の基本なのでしょうが、
この「絢爛豪華」さは、まことに驚かされる。
寝殿造建築洋式が今日まで現存しているのは、この厳島が代表とされる。
カラー構成の朱赤、緑、黒という美感と、基本は格子状の
カタチの重層感が合わさって、なんとも「地上の天上界」感がある。
注連縄はその建築意図のなかでひっそりとマーキング役に徹している。
格子状の建具を通して空間の明度は明確に区画されているので、
手前の「拝殿」的なダークな空間とのコントラストが非常に見事。
光と色彩の時々刻々とした「ゆらぎ」が、拝み見る者に変転万化の神姿を見せる。
よくぞこういう神々しさを造形したと感嘆させられます。

【北海道「民間住宅施策会議」リアルで開催】

昨日は、表題のような北海道建設部・建築指導課の会議に出席。
わたしは、この諮問会議のメンバーを務めさせていただいていますが、
今回の新型コロナ禍で、ことしに入ってから開かれたのは、
書面会議形式での1回だけ。昨年中に「北方型住宅2020」の制度設計が固まり
さて本格的な推進という局面での新型コロナでの長いブランク期間。
昨日は、旧知のみなさんともたいへん久しぶりの顔合わせ。
ですが、これまでの会議室よりも大きな会議室で、
参加者間の間隔も、大きく開けてソーシャルディスタンスに配慮した仕様。
で、全員マスクを着用しての会議であります。

座長の鈴木大隆さんからの発言でも
こうした住宅施策についての諮問会議でリアルでの開催はまことに久しぶり。
リアルの会議のよいところは、議題以外の情報交換機会が取れること。
会議の開始を待つ間に、「いやどうも」と挨拶できて、個人間でやり取りができる。
ほかの参加メンバーには迷惑にならないように会話が可能なのですね。
そこで交わされるコトバがヒントになって、情報にふくらみも生まれてくる。
鈴木さんとも会議テーマ以外の「打合せ」ができて有意義。
また、そのような情報交換がたいへん貴重であることに、
このような状況になって初めて気付くことが多い。
もちろんZoom会議などでも有効に会議を行うことは出来るけれど、
やはり意思疎通という点では、雑談的な部分で重要な情報が交わされたりする。
単一テーマ的な求心性はZoom会議で可能だけれど、
多様な意見交換という意味で、やはりリアルな会議は充実感がある。
空気に緊張感があって、集中力も高く維持できるのだと思います。

ということで、北方型住宅2020の本格始動、
新型コロナ禍を乗り越えて、秋には全道的にさまざまに告知されて、
北海道の住宅シーンが再起動すると思われます。
やはり住宅の「進歩」というのは、多方面の参加者が情報を交換しながら、
いわばオール北海道的な「チーム構成」で質的な進化を計るべきもの。
全国の中でも特異な位置を占める地域公共団体・北海道の住宅施策、
ようやく新型コロナ禍と折り合いをつけながら、発進であります。

【北海道開拓神たちの座所・風水的杉林】


北海道神宮は明治2年末に開拓判官・島義勇が開拓三神を背中にくくりつけ
函館から陸路北上し、余市を抜けて小樽市銭函に至り、
そこで停留し、年の明ける頃にようやく「札幌本府」建設の槌音が響きはじめ、
翌年ようやく仮の開拓三神鎮座所が札幌市中央区北5条東1丁目に建てられた。
その後、札幌本府内の風水のよき土地を諸人が跋渉して
結果、現在地である円山の麓、札幌市中央区宮ヶ丘に本格的に社殿建設された。
社地選定に当たっては、開拓使が乗り込む前からこの地に住んでいた
福島県人の早山草太郎が好適と建言して採用とされている。
かれは開拓三神を公儀決定に先立ってこの地で祀り、奉仕していたとのこと。
周辺敷地は開拓当時の建設業者・中川源左衛門が所有していたという説もある。
写真は現在の神宮敷地の「北海道神社庁」周辺の様子。
1枚目には右手に杉林、2枚目右の鳥居から左側には杉林が展開している。
この一帯は、杉の北限自生地であり、たぶん神社と杉木立という「好適性」が
決定の大きなファクターだったのではないかと思われる。
広葉樹の森の中にすっくりと立つ杉林にはその土地の「意思」を見るのでしょうか。
なににしてもまだ明治の初年であり、対ロシアの国境交渉すら流動的な情勢の中、
対ロシアの脅威への備えとして、全国で唯一北面して建てられた社殿。
開拓しながら国防にあたるという北海道の原初の国家意識がみえる。
本格的な「航路」開拓前の段階なので、東京からの「建設現地視察調査」はムリ。
場所の決定については、開拓判官・島義勇が現地担当官として現地決済した。
ただし彼の建設計画は壮大すぎて当時の政府支出は追いつけなかった。

この写真の光景は、周辺が太古の自然のままに保全されていることから
社地選定時にも同様の森の樹相だったことが窺われます。
円山の麓の自然林の一部であり、札幌一帯を跋渉しても杉の自然林は
ほかでは見られなかったなかで、かなり密に杉林が自生しています。
この光景をはじめて発見した人たちはきっと興奮したのだろうと思います。
神社建築というのは、単純な公共事業というよりも、
もっと国家そのもののような事業だったことでしょうから、
この蝦夷地で、このような立派な杉林が、と感嘆したことでしょう。
日本人の神さまが、神宿るのにふさわしい「風水の地」。
いまは手前側が駐車場になっていて、この杉林はよりクローズアップされる。
2枚目の写真から鳥居をくぐって大きく左折したあたりに社殿は位置している。
ちょうど杉林が繁茂している中心の場所に立地する。
1枚目の写真は、その社殿の奥で小川が流れているやや低地の流域に杉林。
わたしの好きなオオウバユリの自生地も点在する。

住宅でも「敷地選定」ということが、かなり決定的要因ですが、
神社建築ではまさに枢要中の枢要のことがらなのだと思います。
この北海道神宮の遷座立地が確定したことで、
周辺敷地は「宮ヶ丘・宮の森・円山」という住宅地最好適地として人家が集積し、
いまでは北海道有数の「高級住宅街」を形成している。
日本人にとって中心的宗教施設と住宅立地は、近接応答する関係にあった。
ムラ社会の「鎮守の森」思想は、営々と民族DNAに受け継がれているのでしょう。