本文へジャンプ

【蓄熱暖房の「北海道遺産」表現をどうする?】

写真はわが家の今回のリノベーションで暖房方式としては廃棄した
「電気蓄熱暖房」本体中で「蓄熱体」として働いてきた煉瓦。
蓄熱は重量に比例する要素が強く、たいへん重たい。
成人男性が1〜2個持つのが限界的重量物。
いまは、工事中現場もおおむねの造作工事は終了し、
設備関係の最終チェックなどが残されている段階。
この古い暖房方式は、2007年段階で100,000戸の住宅で採用されたとされる。
一時期は新築住宅の過半以上を占めていた、
まさに「北海道遺産」と呼ぶにふさわしい存在だったと思います。
社会の需要と流れの中で、このように盛衰を見せたものとして
北海道は石炭など多くの「遺産」を持ってきたとも言える。
その最新遺産として、この蓄熱暖房は歴史的存在になっていく可能性がある。
全国の講演などで東大・前真之准教授から
この蓄熱暖房とともにわたしの写真が並べられてきた経緯もある(笑)。
そのような存在として、ある象徴性も持っているということで、
この蓄熱煉瓦について、廃棄はせずに工事現場で残置させていましたが、
現在は内部土間物置空間で留置されています。
北海道遺産として、どのようにメモリアルとするか、
設計の丸田絢子さんと協議して、インテリア装置的オブジェにしたいと考え中。
まぁしかし、なんと言っても仕事のいろいろな企画進行もあり、
工事の進展も毎日毎日、いろいろな判断要素が目まぐるしく出来する。
そんなことから、メモリアル制作着手は日程がどんどんと先送り。
またこうした情報をこのブログでお知らせしたところ、
前真之先生から、5月中旬の来道時ぜひ対面したい希望も寄せられた(笑)。
今後の展開がまだ十分には見通せない状況。
いずれにせよ、こういったメモリアルのことでもあるので、
わたしどもでのDIY的な、手作業的な「造形」表現物となる可能性が濃厚。

ということで、まだ身の処理方針が決定せず、
その時期も明瞭ではないまま、まわりの工事の喧噪のなか、しずかに
自らの運命にけなげに処したいと控えている煉瓦たちであります。
なにか良いアイデアがあれば、お知らせいただければ幸いです(笑)。

【オシドリ、芽吹き 格別の春もうすぐ開花】



4月の初めには関西出張があり、
堺市に滞在していてサクラ満開を味わっていて、なおそれから半月。
寒暖の落差はいかんともしがたく、北海道はまだ寒い。
それでもようやくにして、春の気配が強まってきました。
わたしも一時期の住所不定状態から、ようやく家に戻れて
本格的引っ越しはまだですが、起居は住み慣れたわが家でしています。
でもいろいろスケジュールがあって、朝の散歩はままならない。
ときおり行けるときもある、という日々であります。
今週はじめに散歩に行けたとき、いつもの北海道神宮周辺で
ごらんのようなオシドリの一群と遭遇。
積雪の時期もときどきは散歩していて、しかしそのころには
まったく影も形も見えなかったかれらの冬毛の美しい姿を確認。
「おお、無事に冬を越したか」という感慨に浸った。
オシドリの生態には詳しくはないのですが、
やはり積雪・冬の時期には本州温暖地などに渡っていたのだろうと思います。
ようやく雪が融けて、かれらも帰ってきてくれたのでしょう。
動き回るかれらの体温の温もりが感じられるようです。

また一方、もうすぐ引っ越す予定の事務所の庭木も
いっせいに芽吹きが始まっております。
日一日と、その膨らみが増してきていて、モノトーンから
カラフルな様相に変化して行こうとしている。
サクラ前線もだいぶ足踏みしていましたが、
ようやく来週初めには津軽海峡を渡ってくるという予報もでていますね。
遅くやってくるけれど、その分、万物の息吹というものも深く感じられる。
たぶんそういった「一体感」は寒冷地ならではのモノなのかも。
人間同士ばかりではなく、こういったイキモノたちの一斉の歓喜の声が
伝わってくるのだろうと思います。

さらに今年は新事務所への移転から、
Replan創刊30周年ということで、さまざまな動きを起こしていきます。
移転も来週25日予定で大車輪進行中。
まことに格別の春がもうすぐ開花になると思います。

【空間を引き締めるナラ原木テーブル】



きのうお知らせした「ナラ原木テーブル」の脚部補修作業、
無事に「立ち上げられ」ました。ごらんのような立ち姿で、がっしりとした反応力。
体重を掛けて上から押し込んでもびくともしない。
やはり背景としてのコンクリートブロックの壁には
これも真物を感じさせる「素材力」しかふさわしくはないと思われます。
石と木が素朴に対話する空間が、いちばんしっくりとくる。

で、下の写真2枚。
大暴れしていたじゃじゃ馬のナラ原木テーブルの
ねじれクセや曲がり根性をしっかりと見定めて、
しかしそのイキモノ的な美しさを引き出して、テーブルとしての役割を
まっとうに果たさせるような工夫を凝らしてくれた
今回の工事を請けてくれたヨシケンさんの大工棟梁・健名さん。
わたしは一昨日、このナラ原木への加工調整したまま、
接着材などの安定のために「寝かせていた」状態まで見ていて
その後、午前中に現場に戻ったら健名さんがこいつを立ち上げてくれていた。
木をよく見て、その個性を見極めて、最適な加工をちょっとだけ加える。
そうすることで個性を活かして機能性のバランスも取る、という
大工仕事を見させていただきました。
ほんとうに楽しい気分を感じさせてもらった次第。

人間は建築とか,その材料とかと、
長い間、対話し続けてきたのだろうと思います。
この東アジア弧状列島地域では、それこそ縄文の世から、
ながく木との付き合いが続いてきた。
三内丸山、吉野ヶ里から出雲、飛騨へと、
木を扱って人間空間を作ること、その文化は日本社会に根ざしている。
木は個性を持っている。
一期一会ではないけれど、同じような生育条件によっても違いが出る。
このナラ原木はいったいどんな生地でどんな育ち方をしたのか、
まったくわからないけれど、北海道芦別周辺の山地が故地ではある。
そのなかでいったいどのような地形・土壌の環境要因で育ったのか、
こうまでねじれ、曲がりを主張するその個性に翻弄されながら、
一方でそのことに強いシンパシーも持つ。
きっとこいつはこれからもやっかいを掛けてくるに違いないけれど(笑)
こうとなれば、トコトン付き合ってみたくなる。
ただ、こいつは樹齢300年近くはありそうなので、
木は切られてからもその年数分は命を長らえるとされているから、
わたしの方がはやく寿命が来てしまうけれど、
それよりも寿命の長そうな石の環境の中で、楽しく個性を発揮してほしい。
そんな気分でおります。

【ナラ原木テーブル「じゃじゃ馬ならし」脚補修】



さてもうすぐ引き渡しのリノベーション工事、
この工事でもかなり難関(?)に差し掛かってきています。
1階の自宅として利用する部分、メインに使うテーブルの補修。
ナラの原木をそのままスライスしたものを原木屋さんで
長期間(約10年と言われた)寝かせて置いて、その後工務店さんの土場で加工し
それをさらに自宅に5年間くらい馴らしておいた。
それからやおら手を掛けてテーブルに仕上げた。
けれど、この原木、かなりスジのねじ曲がったヤツのようで(笑)
それからもねじれが止まらなかった。せっかく付けてもらった脚がいやだと、
ごねまくって、ガタガタして使いにくかった。
・・・っていうような「経歴」のナラ原木テーブルであります。
わが家に来てからも、もう25年近い「付き合い」のヤツ。
わたしの人生でもかなりの長期間を時間共有してきている。
もうこうなれば、なんとかこの「じゃじゃ馬」と共生していくしかない。
なにやら自分自身のゆがみ・ねじれを仮託したような存在なのです(笑)。
まぁ、処置ナシとされるところですが、
今回、一縷の願いを込めて相談したら着手してくれた。
これまでの4本の独立脚から、ごらんのような仕様の脚に換えた。
1枚目の写真が鉄製脚部を乗っけただけのところ。
で、2枚目のような3次元修補を加えた。
この修補のほかにも、手前側脚にも「彫り込み加工」も加えている。
しかし、この3次元修補の微妙さはコトバでは説明しにくい(笑)。
工事に来てくれた棟梁さんが半日くらい頭を抱えながら、
工夫してくれた修補痕跡であります。
このようにクローズアップすると、まさに「木組み継ぎ手」詳細のよう。
このように手を加えて接合させて寝かせておく作戦のようです。
写真は今朝、現場確認して撮影した状況です。

さて、本日、なのかどうかは不明ですが、
棟梁さんの判断でこいつを「起き上がらせる」ことになるのでしょう。
希代のねじれ曲がり根性が克服されているのかどうか、
ハラハラドキドキしながら、今日という日を迎えております(笑)。
親しい友人、いや自分の分身の容態を見るかのようであります。

【ReplanWEBマガジン「住宅実例を見る」】

住宅雑誌でユーザーがいちばん惹き付けられるのは、
当然ですが、やっぱり住宅の「実例写真」情報です。
実際にユーザーがいて、注文住宅として建てられた住宅では、
さまざまな「ホントの快適」「リアルな暮らし」がそこに投影されている。
モデルハウスはそれなりに見どころもあるけれど、
やはり、ユーザーの「こんな家に住みたかった」という切実なメッセージが、
写真を通した「空気感」として、同じ思いを持った建て主には伝わっていく。
実例の魅力は、その家族にとっての「いごこちの良さ」が個性的に実現し、
そのエッセンスが、個別デザインを超えて「わかる」ことにあるのでしょう。
WEBマガジンReplanとしても、オリジナル取材を中心に
大いに拡充を図っていきたいと考えています。

【ReplanWebマガジン「住宅実例を見る」】
「住宅実例を見る」…創刊30周年のReplanがこれまで誌面で紹介してきた
住宅実例の数々をWebで見ることができます。
主に北海道、東北、関西で建てられた注文住宅の実例を、
定期的に紹介していきます。
現在アップされている住宅事例は以下の通り。
リアルな実例の写真で家づくりがもっと身近なものになります。 是非一度ご覧ください。

●北海道 ‒ 中札内村
趣味をとことん楽しむための理想的な田舎暮らし 〜岡本建設
●北海道 ‒ 札幌市
北国の暮らしをより自分らしく心地よく リノベーション“hygge(ヒュッゲ)”スタイル
 〜SAWAI建築工房

●北海道 ‒ 札幌市 
白箱の家 〜一級建築士事務所 Atelier Casa
●北海道 ‒ 札幌市
自然素材で仕上げた薪ストーブの家。実験的な取り組みも理想の形に
 〜SUDOホーム(須藤建設)

●北海道 ‒ 札幌市
土地に寄り添い、木々と語らいながら暮らす。共存するいえ
 〜SUDOホーム(須藤建設)

●福島県 ‒ 福島県須賀川市
子どもたちの元気な声が響くのびのび成長できる家
 〜LITTLE NEST WORKS

●秋田県 ‒ 仙北市
「好きなものに囲まれて暮らしたい」夢を叶えた土間と薪ストーブの家
 〜仲野谷工務店

【ReplanWEBマガジン「写真を見る」】

ReplanWEBマガジン「写真を見る」
さて、先日ご紹介したReplanWEBマガジンのスタートです。
いまのところアクセスも順調な伸びを示しております。
きょうからここで各コンテンツごとにご紹介いたします。
まずは「写真を見る」コンテンツ。住宅はコトバでは伝わりきらない空間が主役。
どんな美辞麗句でも空間のいごこちを伝えるのは至難の業。
人類が絵画を生み出し、そしてやがて写真という伝達手段を創造することで、
空間というものも、コモンセンスの領域になってきた。
各部位の寸法やディテール、仕上げ方法など直感的にわかる。
住宅建築の常識を育むのは、やはりこうした空間への情操。
ということで、写真表現はなんといっても住宅雑誌の基本コンテンツです。
Replan30年間の取材の積層から選りすぐって、ご覧に入れています。

「写真を見る」・・・このコンテンツはタイトルどおり、住宅の写真を
とにかくたくさん見ていただくコンテンツです。
これまで住宅雑誌Replanで紹介してきた実例写真の中からピックアップした
リビング、
ダイニング、
キッチン、
バス・トイレ・洗面室、
和室・・・などの写真を見ることができます。更にそれぞれタグの付いた
#レンジフード #造作キッチン #キッチン収納 から見ることもできるので、
家づくりの資料集めにもおすすめです!
是非一度、ReplanWebマガジン「写真を見る」で、
家づくりや暮らしのイメージを膨らませてみてください。
ReplanWEBマガジン「写真を見る」はこちらから。

【利休好みの茶亭・江戸期建築模型】


建築の模型って、現代ではたくさん作られていますが、
やはり建築は空間を作っていく仕事で、しかも多くの人間が関わっていく作業。
なるべく認識が共有できるようにという図面以上のものは
普遍的にあり得るものと思います。
先日行った堺の「利晶会館」で見かけた茶亭展開模型。
「高台寺時雨亭建て地割り・茶室起こし絵図」。
下の図面説明では、利休が好むところなり、という記述が伝聞されている。
江戸期の旗本・大工頭中井家が所有していた記録文書ということ。
この中井家というのは、京都府立京都学・歴彩館京の記憶アーカイブに、
〜関ヶ原合戦の後、徳川家から五畿内および近江の大工・杣・木挽の
三職の支配を許され、近世を通じて、ほぼ500石40人扶持でその職を勤めた
旗本の家柄である。元禄6(1693)年ごろ、自分の屋敷内に中井役所を設け、
以前は中井家の負担で行われていた建物の破損見分・仕様帳等、
あるいは絵図の作成まで作事に伴う手続事務を幕府経費で行なうようになり、
役所は公的側面をもち、文書保管機能は強化されることになる。
これにより多量の文書が残った〜ということだそうです。
いまで言えば国土交通省の建築局といったような位置になるのでしょう。

このたぶん江戸時代初期、すでに「利休」という名が
公的文書で記載され、いわば共有言語になっていたことが知れる。
茶道というのは、中世から近世に掛けて勃興した富裕な貿易商利権集団が
自分たちの「値付け」を陶器茶碗などに行っていく過程で
それが一種の「権力」構造を持ち、武権の側でもそのことに強く興味を深めた
そういった過程で生起した文化現象だったと思われます。
商人たちが鑑定の権力からさらに政治権力にまで力を得た、
そういう極限的状況で、秀吉から利休への賜死という事態も起こった。
この「高台寺」は秀吉の正室・ねねの私寺。
ここにも利休の名が出てくるというのは、いろいろな消息を伝えてくれる。
やはり歴史時間が繋がっている関西圏、
ふとした建築的展示からも、さまざまに想像力が刺激されます。

【人類基本、肉食。でもダイエットバッチリ!】

人類は基本、DNA的に肉食。なんだそうです。
先日の「人体」展で解説音声を聞いていて、最後あたりで
この企画展を主導した学芸員の方が解説されていた。
人類は肉類はネイティブにそれを摂取して分解できるけれど、
植物については分解する酵素を持っていないので、
ストレートなアプローチではない手法で消化分解するのだと。
「おお、そうなんだ」と、こんなことまでわかってきたことに驚きました。
なんとなく類人猿として樹上生活を営んでいた経緯からすると、
木の実とかの植物性食品の摂取に基本的にはアジャストして
だんだん雑食化していったようにイメージしていたのですが、
まったく逆の生命体イメージになりました。
哺乳動物としてのスタート時点くらいに決定しているのでしょうね。

さてわたしの住宅と仕事環境の断捨離、リフォーム工事、
いよいよ大詰めになって来ております。
で、なぜか同時進行で進んでいた「カロリーコントロール」ダイエット。
こっちの方は、取り組み始めてから4カ月弱で7kgのダイエットに成功。
写真は、最近ハマっている「なか卯」のローストビーフ重ですが、
こういうのもいくらでも食べている。
「ガマンする」っていう実感もなく、順調に体重は落ちてきた。
2カ月に1度くらい顔を合わせるアース21の会員さんたちから
「三木さん、そのダイエット法、解説してくれ」とせがまれる(笑)。
まぁもともとが重すぎたと言うことはあるのですが(笑)。
いまは自宅で自分で調理して食べる環境にはないので、
必然的に「カロリー計算」してある外食が主流になる。
それで1日2,000kcal以内、できれば1,800kcal程度を目標にしている。
以前ご紹介したFoodlogというアプリにせっせと食事カロリーを
ルンルン気分で入力しています。
で、こうやってカロリーに敏感になってくると、
食事選びもけっこう「科学的」になってきます(笑)。
この「ローストビーフ重」でも654kcalなんですよ。
印象からすると倍くらいあるように思っていたものがそれほどでもないという
面白い発見があったりする。
こういったガッツリとあっさり食を1日で組み合わせれば、
案外2,000kcalっていうのは軽くクリアできる。
希望ではあと4−5kg落としたい。昨年中にも3kgくらいは落ちていたので
トータルでは10kg落としたのですが、
なんとか、14-5kg落としたいと思って頑張っています。
医者をなんとかギャフンと言わせたい(笑)。
どんなことも楽しく取り組めなければ長続きしませんよね。
人類の本性そのまま、肉を食いまくってダイエット、
大いに楽しく取り組んでいきたいと思います。

【リノベ・リフォームの困難はモノと暮らし「再整理」】

人間の暮らしには「家具」は欠かせない。
衣食住のすべてにおいて基本的な「道具」は必ずあり、
それは人間の暮らしを「豊かにする」と固く信じられてきた。
それらは人間の巣としての住宅に所有され収納する家具が発達した。
食器棚・庫、タンス、衣装ケースなどなど。
それらは機能を基本にしたけれど、デザインや意匠性が高められ
一種の社会的ステータスも表現する「モノ」にもなった。
現代人類は資本主義を経済構造として自然的に受容して
大量生産社会を作り大量消費社会を受け入れた。
資本主義以前の「家具」の存在と、以降の存在とは大きく量が変わった。
量が変わることで本来、質も変化する。
機能性と意匠性の分化が起こっているように思う。
いわば「家具」というものと収納機能とが別のものになってきている。
チマチマした家具では、爆発的に増え続けるモノを収納できなくなった。
「このモノを整理整頓しておくのはこの家具」みたいな
整理棚程度の家具では、間尺には合わなくなってきた。
結果として、現代住宅には大量の「ストッカー」収納が不可欠になった。
人間家族のイレモノとしての住宅は、
規格大量生産システムで量産住宅は可能だろうけれど、
その「暮らし」には、多様な収納物があって整理整頓をそれぞれに
考えていかなければならない。
家というのが、ある家族の暮らし全体を包み込むイレモノである以上、
収納をあれこれと複式方程式に考えていかなければならない。
現代では、いわゆる家具屋さんで売られている収納では
結局間尺には合わなくなってきた。
その家ごとにその住む人に合わせた収納をスーパー家具として
造作していく必要があるのでしょう。
写真のような「造作収納」というのが、現代住宅の特徴かも知れません。

新築の時には、使用している衣食住の総量はそれほど多くなく、
おおむね規格的な容量を想定すれば事足りる。
しかし、リノベ・リフォームではふつうは生活が営まれてるので
この「総量」が必然的に多様に増減する。
まずは、生活自体の総量把握、それの「再整理」が不可欠な作業。
リノベ・リフォームが声高に叫ばれ、必然の流れとか言われながら、
さっぱり気運と結果がともなわないのは、この生活解剖・再整理というヤツが、
想像を超えて大変な人間作業だということがある。
今回、リノベ・リフォームを経験してきて、
現代生活でこうした作業を行う困難をきっちりと体験させられた(笑)。
モノと暮らし方の「再整理」。大きなテーマとして確認しました。

【Replan WEBマガジン・メディアサイトOPEN!】


かねてより準備を進めてきました当社ReplanのWEBサイト・リニューアル、
ついに本格的にオープンいたしました。
Replan WEBマガジン・メディアサイト
インターネットの世界では、さまざまな革新的な動きが出てきています。
そのなかでも特徴的なのが、メディアの重要性が増してきていること。
オリジナルなコンテンツこそが求められてきている。
優良な「一次情報」の価値感が高まってきているといえるでしょう。
そういう意味で、住宅の空気感まで伝えられ、
しかも客観的な立場での情報の役割が大きくなってきています。
今回、30周年を期にReplanの情報力を活かして、
WEBマガジンというあらたなジャンルに挑戦いたします。

北海道を拠点に地域に根ざした住宅雑誌を発行し続けて30年。
人が住まいに求める機能や暮らしの豊かさは、
時代とともに様変わりしてきました。
わたしたちは「今」「その地で」求められる住まいのありかたを、
デザイン・住宅性能・暮らしという側面から、
住まう人と建てる人、両方の声を実際に聞いてお伝えしています。
時代が変わっても人々の「楽しく暮らしたい」「好きな家に住みたい」
「幸せな環境を得たい」という気持ちは変わらないはず。
その地域に住んで暮らしている人の声をもっと聞きたい。
「住まい」や「暮らし」を豊かにする情報を、ここ北海道からお届けしたい。
そんな想い、ウェブマガジンでも日々情報を発信していきます。

コンテンツ
●写真を見る
北海道、東北、関西で建てられた住宅実例の写真が満載のコンテンツ。
パラパラとながめているうちに、自分の好きなテイストや空間が見つかるかも。
●住宅実例を見る
北海道、東北、関西で建てられた注文住宅の実例を紹介しています。
家づくりがもっと身近なものになる、リアルなレポートです。
●家づくりのキホン
家づくりを考えはじめた人の役に立つ、家づくりの基礎知識をお届けします。
キホンのキから、プロに聞いた「知っておいたほうがいいこと」、
意外と知られていないあれこれまで、幅広くお知らせしていきます。
●家づくりのアイデア
空間づくりのコツや、インテリアにも取り入れられるヒントなど、
「そんな方法があったんだ」という気づきにつながるアイデアをご紹介していきます。
●特集記事
各エリアの建築家や・工務店・ハウスビルダーのご紹介やスタッフの
実生活コラム、住宅性能の最新情報など、住まいと暮らしに関わる情報を
Replanならではの切り口でご紹介。ご当地あるあるなどのネタも。
‒記事ラインナップ-
Replan取材ノート 薪ストーブのある暮らし 北海道の移住生活
北欧fika kitayori -北、便り- 北から目線の暮らしルポ
家づくり素敵アイテム ReplanOfficeリノベーション

住宅雑誌「Replan」 リプラン
1988年に北海道の住宅雑誌として創刊。2003年には東北版を刊行し、
それぞれ季刊発行しています。また、2018年には関西版を刊行。
各種別冊も定期的に発行し、
「住む」「暮らす」をよりよくする情報を提供しています。
ReplanWEBマガジンをぜひご愛顧ください。