本文へジャンプ

【印象への訴求/絵と写真のあいだ】

写真という表現方法が開発されてから長い年月が経過してきた。 1826年フランスで開発されたと言うから、200年ほど前。 写真と出会って、人類は長い間夢見てきた「画像記録」という手法を手にした。 それ以前、こうした映像記録 […]

【北の森に抱かれ読書「江別 蔦屋書店」でReplanブース】

蔦屋書店さんは全国で大型の書店中心の「モール」を展開しています。 北海道でも函館で展開していますが、札幌近郊・江別市で開店した江別 蔦屋書店で Replanは今号でブース展示させていただき、バックナンバーの販売もしていま […]

【コロナ以後、住宅「間取り」は変化するか?】

先日のブログで住宅デザインの「国風化」はいつ始まるか、みたいなことを 書いたら、知人の方からお知らせをいただいた。 そもそも北海道はそういう問題意識とはどうも少し違うというご意見。以下要旨。 〜「国風化」というと、「外国 […]

【テレワークが生み出す人間と仕事の新環境】

昨日安倍首相の会見で日本の「緊急事態宣言」は解除されました。 世界からもとくにトランプ政権から積極的評価の声が発出された。 「あらたな常識」という行動変容を土台にして、 しっかりと経済を回して、人々の生活基盤を再構築して […]

【Replan北海道最新号「リノベーション2020」3.28発売】

「ひとの身も心も守り癒やす住まい」 住宅は現代人にとって、やはり最後の砦というか究極的な癒やしの場。 「引きこもり」というコトバは否定的な意味合いで使われますが、 感染症のような危機に対して、外部接触を限定しうる住宅の価 […]

【道知事「緊急事態」19日期限でどう対応か?】

上の図は最近頻出の道庁HPの新型コロナ情報ページ図表ですが、 その上にかぶせたのは、きのうの段階での「新規感染者」ゼロの広報。 感染症の広がりというのは数学的に解析可能な事柄とされ、 社会の対応の仕方で感染ピークをコント […]

【江戸期の住宅雑誌?〜蝦夷地風俗取材篇】

写真の2点は「蝦夷風俗図巻」からの住宅取材部分であります。 出版年代は江戸後期/19世紀とされています。 文化遺産オンラインの説明書きは以下のようになっている。 「紙本著色 28.0×1428.5 1巻 岸和田市立郷土資 […]

【専門誌デジタル読み放題 Biz SHERPAにReplan参加】

リコーは全国の事業所にコピー端末を販売事業を展開している。 ビジネスモデルとして機械単体での展開では今後の成長性が見えにくい。 しかし既存の顧客層の厚みは巨大な蓄積を持っている。 一方で雑誌ビジネスもまた紙にだけ依存した […]

【15年間 5000本以上のブログ記事(笑)】

自分はどんなことをしてきたのかなと、ふと考える。 いずれにしても人間として大したことは出来ていないのは確かですが、 そういう才能のない人間は、努力するしかない。 継続は力、と信じて日記的にブログを書いてきています。 ずい […]

【Replan北海道最新号「住む・働く」住宅特集】

さてReplan北海道の最新号紹介です。 住宅建築と店舗事務所建築のコラボ、 2用途の住宅についての特集を組んでみました。 「住む」ということと「働く」ということの どちらにもしっかりと計画された住まい。 人間活動の2大 […]