本文へジャンプ

【出窓は寒冷地ニッポンの縁側ミニチュア?】

先般、出窓についてのわたし自身のノスタルジー空間記憶を書いたのですが、 そうしたところ、ブログ読者の方からコメントがあり、同時に 住宅関連の「専門家」2名の方からも反応が寄せられた。 専門家の1人は北海道内の住宅研究者で […]

【新型コロナ禍影響調査・住宅業界アンケート】

先日一般社団法人「エコハウス研究会」さんから会員企業向けに アンケートが実施されていました。 この会は建築家・丸谷博男さんが中心的存在で、「そらどまの家」を提唱する 太陽光利用系の研究団体。会員企業はどちらかといえば温暖 […]

【IHヒーター部経年劣化故障➡交換】

わが家のキッチン加熱調理器具はIHヒーター採用。 かれこれ20年ほどの使用状況でしたが、 最近、加熱時に「煙・ニオイ」の兆候を感知しておりました。 どうやら、ほぼ密着していると判断していた調理台平面とIHヒーター接合部で […]

【北海道木造住宅「出窓」デザインの歴史系譜】

北海道で一時期、戦前期から昭和20年代の木造住宅で、 写真のような「出窓」が重要なデザインコードであったことはあまり触れられない。 わたしの不勉強であることは間違いないのですが、気になっている。 わたしの3歳からの札幌生 […]

【北海道神宮:岩木山神社ほぼ同じ注連縄(笑)】

わたしの孤独のグルメ、ではない、孤独の神社注連縄探究。 ついにオモシロい発見に出会うことが出来ました。 上が北海道神宮の注連縄で、下が青森県津軽の「岩木山神社」注連縄であります。 おお、そっくり(笑)。 先日のブログでも […]

【北海道は「核家族化」ニッポン最先導地域】

当社では毎朝、ミーティングがあります。 そこで毎日1分間スピーチとして誰かが「コメント発信」することを義務づけています。 自己表現力を鍛錬することはこういう「情報製造業」の場合、欠かせない部分。 で、全国各地から(一部隣 […]

【住宅投資意欲4月の底から6月へ急回復】

一社)住宅団体連合会という大手ハウスメーカーの業界組織が 「新型コロナウイルス感染症により落込んだ経済の早期回復に向けた 経済対策要望」を、7月13日に国土交通省住宅局に、7月14日には 経済産業省・環境省に経済対策要望 […]

【播州英賀「参入勢力」の産土神利用・人心収攬】

新型コロナ禍でなかなか他地域への交流拡大は難しい。 なんといっても移動にはリスクが伴う。勢いブログ記事も過去に取材の 民俗的建築からの歴史探究に傾倒気味。本日は「鄙」の神社事例。 最近とくに播州の「三木家住宅」など家系伝 […]

【なぜ各地神社ごと注連縄デザインは違うのか?】

宗教建築、とりわけ神社は毎日、北海道神宮に参詣する習慣もあって、 各地を訪れる度に各地域の神社を参拝させてもらいます。 まぁ歳も取ってくると、夜のクラスターのような場所は縁遠い(笑)、 こうした場所が親しい訪問場所になる […]

【DNAの不思議なナゾ 人は「縁」を生きる?】

北海道は日本の他地域からたくさんの「移民」が集まって成立した。 「核家族先進地域」と評した人がいたけれど、 初期北海道に、「仏壇を背負って来た」ような家は多くはなかったのでしょう。 大多数は「一旗揚げて郷里に帰る」という […]